吐血というものは無腸間膜小腸よりも上の消化管から出血することを示しているのです。

花粉症というものは、山林の杉や檜、松などの飛散するタイプの花粉が元凶となって、くしゃみ・皮膚のかゆみ・ノドの痛み・鼻みずなどの色々なアレルギー症状を起こしてしまう病気だということは、今や常識となりました。 必要な栄養を網 […]

、注射の予防効果が見込まれるのは、ワクチン接種を受けた14日後からおよそ5カ月程だろうということが判明しました。

基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が何もせずに動かなくても消費してしまうエネルギーのことを指していて、半分以上を全身の筋肉・最大の臓器である肝臓・頭部の脳の3種類で使っているということはあまり知られていません。 むねやけが主 […]

血液の中のカルシウムの濃度を操作し、筋肉の動き方を調整したり、骨を生成したりしてくれます

胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な治療法としては大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング」と「大動脈冠動脈(だいどうみゃくかんどうみゃく)バイパス術(CABG)」という両者の手術の方法がよく使用されています。 「肝臓 […]

血流が途切れ、欠かせない酸素や栄養が心筋まで送られず、筋肉細胞が死ぬ重い病気です。

吐血と喀血は口腔から血を吐くことですが、喀血は喉から肺を繋ぐ気道(呼吸器のひとつ)からの出血であり、吐血とは無腸間膜小腸よりも上にある食道などの消化管から血が出ることを言い表しています。 杉の花粉が飛ぶ季節に、小さなお子 […]