不足している女性ホルモンを補てんする処置方法で改善できます。

UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短く、大気中のオゾン層を通過する際にその一部が吸収されるのですが、地上まで届いたUV-B波は肌の表皮内で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を破壊するなど、皮膚にとって悪い影響をもたらしています。
環状紅斑というのは環状、つまりは円い形状をした赤色の発疹・湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふ病の総合的な病名ですが、その誘因は本当に多種多様ということで知られています。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓に存在している血糖値に深く関与しているβ細胞が何らかの理由で破壊されてしまうことが原因となり、残念なことに膵臓から血糖値を正常に保てるだけのインスリンが出なくなり発病してしまう自己免疫性の糖尿病です。
クモ膜下出血(SAH)はその8割以上が「脳動脈瘤」と言われる脳の血管にできた瘤(こぶ)が破裂して脳内出血してしまう事が原因となってなる恐ろしい病気として知られています。
食べ過ぎ、肥満、喫煙、運動不足、遺伝、肉体的なストレス、老化などの多様な原因が集合すると、インスリンの分泌量が低下したり、働きが鈍化したりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症します。
陰金田虫は比較的若い男の人多く見られており、基本的には股間の辺りだけに広がり、激しい運動をしたり、お風呂上りのように身体が温まると強い痒みを起こします。
最も大きな内臓である肝臓に脂質やコレステロールが多く溜まった脂肪肝(fatty liver)は、肝硬変や脳梗塞に始まる非常に多くの合併症の元凶となる可能性があることをご存知でしょうか。
お年を召した方や病気を患っている人は、殊に肺炎を発症しやすくてなかなか治らないデータがあるため、予め予防する意識やスピーディな治療が肝要なのです。
筋緊張性頭痛はデスクワークなどでの肩凝り、首こり、張りが原因の最も一般的な慢性頭痛で、「頭をギューっと締め付けられるような強い頭痛」「頭が重苦しいような鈍い痛さ」と表現されています。
めまいが出ず、しつこい耳鳴りと難聴の症状を何回も発症する症例のことを区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール(メニエール氏)病」と診断するようなことも多いようです。
もしも血液検査で恐れていた通り卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が基準値よりも足りなくて早発閉経(そうはつへいけい・POF)だと分かった場合、不足している女性ホルモンを補てんする処置方法で改善できます。
体脂肪量は変動が無いのに、体重が食事や排尿等で一時的に増減するようなケースでは、体重が増えた人の体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減ったら体脂肪率が高まることがわかっています。
体重過多に陥っている肥満は無論食事の栄養バランスや運動不足などが要因ですが、一緒の量のごはんであっても、あっというまに終了する「早食い」を日常化することにより肥満(obesity)を招きやすくなるということが明らかになっています。
アメリカやヨーロッパでは、新薬の特許が切れた30日後、製薬市場のおよそ80%が後発医薬品(こうはついやくひん)に取って代わるという飲み薬もあるほど、ジェネリック医薬品(後発医薬品)は世界に知られているという現実があります。
様々な花粉症の緒症状(鼻水、鼻詰まり、連発するくしゃみなど)のために夜間よく睡眠を取れないと、それが元凶で慢性的な睡眠不足になり、次の日目覚めてからの活動に思わしくないダメージを及ぼすこともあるのです。