、注射の予防効果が見込まれるのは、ワクチン接種を受けた14日後からおよそ5カ月程だろうということが判明しました。

基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が何もせずに動かなくても消費してしまうエネルギーのことを指していて、半分以上を全身の筋肉・最大の臓器である肝臓・頭部の脳の3種類で使っているということはあまり知られていません。
むねやけが主訴である逆流性食道炎は、食事内容の欧米化に加えて受動喫煙・酒類・体重過多等の生活習慣が乱れたこと、ストレスなどによって、殊更日本人に増加しつつある病気の一種です。
学校や幼稚園など団体行動をする際に、花粉症の症状のせいで友達と同様に外でエネルギッシュに活動できないのは、子どもにとって残念なことです。
一旦永久歯の表面を保護している骨を脆くさせるほど酷くなってしまった歯周病は、たとえ進行具合が和らいだとしても、無くなった骨が元通りに再建されるようなことはまずないでしょう。
汗疱状湿疹は掌や足裏、又は指の隙間などに細かな水疱がみられる皮膚病で、広くは汗疹(あせも)と呼ばれ、足の裏に出ると水虫と間違われるケースもままあります。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、一番代表的な中耳炎で比較的子どもによくみられる病気です。耳の痛みや38℃以上の熱、酷い鼓膜の腫れ、膿が流れる耳漏などの耳の症状が現れるのです。
ヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の間に存在するクッションと同様の役目を果たしている椎間板(ついかんばん)という柔らかくて円い形をした組織がはみ出てしまった様子を表しています。
季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、臨床データに基づいた研究結果として、注射の予防効果が見込まれるのは、ワクチン接種を受けた14日後からおよそ5カ月程だろうということが判明しました。
不快な耳鳴りには本人にしか感じられないというタイプの「自覚的耳鳴り」と、血液の流れのように当事者に加えて他の人にも高品質なマイクロホンなどを利用したりすると感じられるらしい「他覚的耳鳴り」とがあり、対処法が変わります。
3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(GSH)には、細胞の機能を悪くしたり突然変異を招く有害な物質を体の内側で解毒し、肝臓の能力をより強化する役目が分かっているのです。
アルコールを分解する肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く付着した脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、肝硬変や糖尿病等々色々な合併症を誘発する可能性があることをご存知でしょうか。
AEDというのは医療資格を保有しない方でも取り扱うことのできる医療機器で、機器本体から発せられる音声ガイダンスに従ってケアすることで、心臓の心室細動に対する処置の効果をみせてくれます。
流感とも呼ばれるインフルエンザに対応する予防テクニックや病院での治療というような必然的な対策自体は、それが季節性のインフルエンザでも新たに発見された新型のインフルエンザであっても同じなのです。
塩分と脂肪の大量摂取を中止して無理しない程度の運動を心がけ、ストレスのかかり過ぎない暮らしを続けることが狭心症の要因となる動脈硬化を事前に防ぐコツなのです。
胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、5日前後きちんとお薬を飲めば、原則的に90%近くの人の自覚症状はゼロになりますが、とはいえ食道粘膜の腫れや炎症が完全に治ったことを意味しないのです。